2009年10月08日

代理人

鹿児島の阿久根市市長が自ら第一回口頭弁論のために出廷したとの
報道が昨日ありました。

おもいしろいのは,私もよく知っている裁判官が
市長に対して「弁護士なしでは無理ではないですか」と促したとのこと
つまり,代理人を立てろと言ってるわけですね。


弁護士費用が議会で否決されたためということですが(この決議ももっともですけどね),
さすがに,行政訴訟を市長自ら行うことには無理があるでしょう。

いわゆる一般の方が裁判の被告になったりする場合に
裁判官が親切心で弁護士に頼んだらどうですかとサジェスチョンする場面は
私も見たことありますが,
市長自ら尋問でもないのに,当事者として出廷するというのは珍しいですね。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。