2008年12月17日

21世紀に生きる君たちへ

月曜日と火曜日に依頼を受けている事件の関係で
現場視察と称して鹿児島に行ってきました。

泊まったホテルは霧島ホテル


その旅館の浴場へ行く廊下に
司馬遼太郎が綴った「21世紀に生きる君たちへ」という論説が飾ってありました。


自然の一部としての自覚を持つこと
これからは自己を確立しなければならない
そのためには・・自分に厳しく、他人にやさしく、いたわりの気持ちを持って
たのもしさを大切に・・

いや。。風呂上がりに湯冷めしそうでしたが、ジッと見入ってしまいました。
ネットでみると小学校6年生の教科書にも載っているようです。


こんな時代ですが、自分をしっかり見つめていれば、未来は開けていくのでは
ないでしょうか。

チビがもう少し大きくなったら読んで聞かせてあげようと思いました。







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。